結婚指輪はプラチナとゴールドどっちがおすすめ?

大切な指輪にふさわしい素材

結婚指輪は結婚の記念品のジュエリーでもありますから、高級な素材で作り、それだけ格式の高い指輪にしたい方もおられるでしょう。

そんなときによくおすすめされるのはプラチナとゴールドです。

ゴールドは有名ですが、プラチナも実は希少金属の一つで高級品です。

どちらでも高級な指輪を作れるものの、どちらにするかで迷うこともありますよね。

おすすめの選び方をご紹介しましょう。

プラチナがおすすめなのは

結婚指輪の素材をプラチナにするといいのは、さりげない高級感を出したいときです。

プラチナはゴールドのように明るい色をしておらず、どちらかというとシルバーに近い銀色をしています。

これで作った結婚指輪はあまり目立ちすぎることがなく、いかにも高級品といった趣ではなくなります。

もちろん高級さも大事にしたいものの、日常的に使う指輪にもなりますから、あまりにも露骨すぎるのは避けたいならプラチナがおすすめです。

実際にプラチナが選ばれるのは、仕事中にも使いやすいからという理由もあります。

だからこそ定番素材にもなっており、結婚指輪といえばプラチナというイメージを持っている方もおられます。

結婚指輪として無難な素材にしたいと思う方にもプラチナはおすすめです。

ゴールドがおすすめなのは

ゴールドをおすすめするのは、プラチナのような色はおとなしすぎると思う方です。

イエローゴールドやピンクゴールドを選ぶと華やかな色になり、結婚指輪も明るい印象になります。

しかもゴールドということで高級感も十分ですから、見るからに高級品という趣を大切にする方にはおすすめです。

さらにゴールドは貴重品として大昔から人気があります。

今でもプラチナよりゴールドの方が貴重な金属というイメージが強い方もおられるでしょう。

そのような考えならゴールドの方が高級感を感じられるという理由でこちらを選ぶのもおすすめです。

仕事中にも使いやすいゴールドがよければホワイトゴールドを選ぶといいでしょう。

見た目はプラチナによく似た色になりますが、間違いなくゴールドで作った高級な指輪になります。

メニューを閉じる