ギフトとして指輪を選ぶ時のナビゲーション

ギフトで贈る指輪は難しい

ちょっとしたギフトとして指輪を贈るのは、素敵なことです。

しかしギフトとして贈る指輪は難易度が高く、失敗する率はかなり高くなっています。

指輪よりも現金を贈った方が、確実でしょう。

しかし現金をギフトとして贈っても、味気がないものです。

「お世話になったお礼」としてならともかく、特別な日に贈るとなると考えなければいけません。

では、ギフトとして指輪を贈るにはどうすれば良いのでしょうか。

相手を観察する

まずは、普段から相手のことについてじっくり観察しましょう。

ストーカーまがいに、24時間365日常に見張っておけという訳ではありません。

本当に実行すると、指輪を贈る前に通報されます。

贈る相手としっかりコミュニケーションを取り、相手についての情報を集めるのです。

好きな食べ物や芸能人、お気に入りの色でも構いません。

普段どんな服を好んで着ているのかも、指輪選びの大きな手がかりとなってくれます。

相手の気持ちになって考える

相手のことについてじっくり観察ができなかったとしても、諦めてはいけません。

指輪を選ぶ時には、相手の立場に立って気持ちを考えてみるのです。

カジュアルなギフトは言うに及ばず、結婚指輪という人生にとって重要な物を贈る時も同様です。

例えば、贈る相手の服の好みがアースカラーで控え目だとします。

すると贈るべき指輪は、さり気ないデザインの指輪が良いでしょう。

逆に普段から派手目の服装をしているのなら、ゴージャスな金の指輪を贈ってみてはいかがでしょうか。

自分の気持を込める

指輪をギフトとして贈る際に最後の仕上げとして、自分の気持を指輪に込めることです。

ただし、やり過ぎてしまうと相手から「重い」と思われるので、ちょっとしたスパイスとして付け加える程度にしておきましょう。

「ギフトに贈るべき指輪のデザインが知りたい」という人にとっては、肩透かしな内容になったかもしれません。

デザインも確かに重要な要素ですが、気持ちが入っていなかったら、どんなに素敵なデザインもただのガラクタになってしまいます。

メニューを閉じる